販促品・販促グッズとは?定義や効果について解説

公開日:2023/06/26 最終更新日:2023/06/30
考える

企業やイベントをアピールする際、グッズの企画に参加する機会は少なくありません。しかし、販促品やマーケティングなどとどのように違うのか、わからない方も多くいるでしょう。販促品の知識を身につけることで、企業を大きくアピールできるかもしれません。この記事では、販促品の定義から活用するメリット・得られる効果をご紹介します。

そもそも「販促」とは?

そもそも販促とはどういう意味なのでしょうか。販促とは、販売促進の略語です。企業の製品やサービスを知るためにアピールしたり、消費者の購買意欲を与えたりすることを目的としています。

多くの消費者に自社製品・サービスを知ってもらうために、さまざまな販促活動を行います。

販促品とは

販促品は無料で商品のサンプル品を配ったり、購入特典として商品のお試し品をつけたりして、商品のことを多くの消費者に認知させ、購買意欲を高めることを目的としています。似た意味としてノベルティがあります。

ノベルティは、消費者に企業の名前を把握してもらうためです。やり方としては販促品と同じですが、意味がやや異なるため気をつけましょう。

「マーケティング」や「広告」とはどう違うの?

こうした販促はマーケティングや広告と近い意味をもつのではと、考える方もいるでしょう。しかし、販促とマーケティング・広告の意味はそれぞれ異なります。企業の製品などをアピールして購買意欲を高める販促に対し、マーケティングは市場調査から企画の販売戦略までを扱います。

戦略全体を意味するマーケティングのなかのひとつの方法として、販促が含まれていることになります。一方で広告の目的は、情報を伝えることです。情報を発信して、消費者の認知度を高めていく狙いがあります。

販促は情報ではなく、企業の利益を高めることを目的としています。そ広告と販促では、それぞれの目的が異なる点を把握しておきましょう。

販促品のメリットやおすすめ販促アイテムとは

それでは、販促品にはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、どんな販促アイテムが効果的なのかも気になるところです。こちらでは、販促品で得られるメリットや効果、おすすめの販促アイテムをご紹介します。

販促品のメリットや効果

販促品で得られるメリット・効果は主に2点あります。まず企業の印象を向上させることです。消費者の求める販促品を配ることで、企業のイメージアップを図るだけでなく、企業を身近な存在だと認知できます。

そうすることで信頼度も高まり、企業の製品やサービスを利用する消費者が増える可能性が上がります。販促品の得られる効果2点目は、企業の名前を知ってもらうことです。

販促品の配布により、企業の名前を広く認知してもらうきっかけになります。多くの消費者に名前を覚えてもらうことで、製品を試してみようかな、と前向きな考えになる場合があります。

販促品のおすすめアイテム

販促品にはさまざまあります。販促品にするポイントは、消費者が使いやすい・持ち運びしやすいと感じるものです。たとえば、エコバッグです。レジ袋の有料化に伴い、エコバッグへの需要が高まっています。

世代問わず使えるシンプルなデザインのエコバッグの方が、使ってもらえる確率は上がるでしょう。また、ボールペンやシャーペンなどの文房具もおすすめです。

これらの文房具は単価が低いので、企業の負担も少なく済みます。比較的、長く使えるため、企業の名前を覚える可能性も高くなります。そのほか、シーズン向けのおすすめの販促品として、うちわ・マスク・カイロなどがあります。

とくにマスクは多くの方が使うので、手に取ってくれる可能性も高いでしょう。

販促品を選ぶうえで大切なポイントとは

いくつか販促品を紹介しましたが、どんな販促品を選んでもいいというわけではありません。販促しなのターゲット層やサイズなども意識したうえで、選ぶことが大切です。ここでは、販促品を選ぶ際に知っておきたい大切なポイントを4つ解説します。

あらかじめ販促品のターゲット層を決める

サラリーマンや主婦、学生など、狙うターゲット層によって販促品も大きく変わります。あらかじめターゲット層を決めておかないと、販促品が曖昧になってしまい、戦略が失敗するかもしれません。

サラリーマンをターゲットにする場合、エコバッグよりもメモ帳やボールペンなど、仕事で使うものを選ぶのがおすすめです。一方で主婦だと、エコバッグやキッチン用品などに絞るとよいでしょう。

販促品を製作する前にお試しで商品を購入

ボールペンやメモ帳だと、失敗は少ないと感じるかもしれませんが、書き心地が悪かったり、紙質がイマイチだったりする場合があります。消費者が不満を感じる販促品を配布すると、企業のイメージも悪くなるかもしれません。

そうした事態を避けるためにも、販促品を購入する前にサンプル品を試しましょう。サンプル品は無料ではなく有料になりますが、事前にどのような商品か把握することで、販促品の失敗リスクが軽減します。

配りやすい販促品であるかどうか

販促品を渡す営業の方や店員が配りやすいものかも、販促品の大切なチェック項目です。置き場所をとるような大きい販促品だと、営業の方や店員が配りにくくなり、手間をかけてしまいます。

また、受け取る側の負担も大きくなるため、販促品を断られるケースも出てくるでしょうお互いがストレスなく渡す・受け取ることのできる販促品を選ぶことが大切です。

まとめ

今回は販促品についてご紹介しました。ノベルティやマーケティングなどと混乱になりがちな販促ですが、企業の認知度・消費者の購買意欲を高めることを目的に、販促品は配布されています。

販促品を選ぶ際は、ターゲット層をしっかり決めておきましょう。幅広い世代をターゲットにしている場合は、誰でも手にできるシンプルなデザインやアイテムを選ぶことをおすすめします。

おすすめ関連記事

おすすめのノベルティ制作会社比較表

イメージ
サービス名ノベルティドットコム(ノベルティ.com)販促スタイルほしい!ノベルティ販促花子ギフトイット・ノベルティラクスル販促グッズドットコム
特徴コンシェルジュがいるので対応力がとても高い最短2日というスピード対応卸価格なのでとてもリーズナブル品質が100%保証されているので失敗がない長い歴史を持つ分かりやすいシステム大口注文もとても安い
製作可能アイテム記念品、タンブラー、エコバッグ、ポーチ、時計などエコバッグ、巾着、ペン、文具などタンブラー、エコバッグ、ステーショナリー、記念品などうちわ、クリアファイル、タオル、バッグなどボールペン、卓上カレンダー、マスク、クーラーバッグなどウェア・アパレル、トートバッグ、タオル、マグカップなどサーモスボトル、バッグ・トート、ビジネスグッズ、ハンカチ・タオルなど
名入れ
サンプル作成
納品日の指定記載なし記載なし記載なし××
支払い方法銀行振込、クレジットカードクレジットカード、NP掛け払い、前払い、締め支払い銀行振込銀行振込、クレジットカード、GMO掛払い銀行振込、郵便振替、代金引換請求書払い、クレジットカード、コンビニ支払い、銀行支払いクレジットカード、銀行振込、代金引換
会社情報NADIX株式会社
〒563-0043
池田市神田2丁目21番1号
株式会社トランス
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル9F
株式会社イディアス
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目8-1 三井吉祥寺ビル 4F
チャンスメーカー株式会社
〒919-0516
福井県坂井市坂井町福島8
株式会社ギフトイット
〒531-0071
大阪府大阪市北区中津1-17-26 中津グランドビル5F・6F
ラクスル株式会社
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
株式会社エスディーワン
〒604-8811
京都府京都市中京区壬生賀陽御所町3-1 京都幸ビル 4F
問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ