Printful

公開日:2023/06/27
Printfulの画像

在庫なし・初期投資なしで、理想的な経営を行っている企業Printfulをご存知でしょうか。Printfulは、グローバルにオリジナル商品のオンデマンドで製造を行っています。そのため、ムダな在庫を持つリスクがありません。今回は、Printfulの特徴について詳しく紹介します。

在庫を抱える必要がないオンデマンド製造

Printfulとは、どのようなノベルティ製作会社なのでしょうか。こちらではPrintfulについて詳しく紹介します。

Printfulとは?

Printfulとは、世界最大規模のオリジナル商品の受注生産での印刷、倉庫保管サービスを提供するグローバル企業です。本社は、アメリカノースカロライナ州シャーロットにあり、創業は2013年です。

Printfulは、これまで約2,000万点以上の商品製造を行ってきた実績があります。Printfulの読み方は「プリントフル」です。

Printfulの最大の特徴とは?

Printfulの最大の特徴は、オンデマンド製造を行っていることです。オンデマンド製造とは、別名「在庫を持つ必要がない製造方法」といわれています。

オンデマンド製造とは何か?

オンデマンド製造とは、利用者からの注文を受けてから製品を製造する方法のことです。

オンデマンド製造の「オンデマンド」には、「要求に応じてから」という意味があります。Printfulは、オンデマンド製造を採用していることから、利用者からの要求に応じて製品を製造する仕組みを採用しています。

利用者からみたPrintfulのオンデマンド製造のメリットとは?

利用者からみたPrintfulのオンデマンド製造のメリットは主に次の5点です。1つ目は、工場や製造設備などの初期投資をかけなくて済む点です。また、倉庫や配送センターを持たなくて済むことや、商品などの在庫を持つ必要がないこともメリットといえます。

工場・倉庫・配送センターなどのスタッフや経費などのランニングコストが不要なので、製作費用が抑えられていることも、メリットとなるでしょう。また、商品開発・マーケティング・販売促進活動に専念できるメリットもあります。

再配送率0.26%を実現するほどの高品質

Printfulは、再配送率0.26%を実現するほどの高品質な製品を製造しています。こちらで詳しく紹介します。

再配送率とは?

再配送率とは、商品の製造に原因があったことで、2回以上商品を作り直して利用者に配送した割合です。簡単にいうと、Printfulでの商品の製造が原因で、再度商品を作り直して利用者に配送した時の割合のことです。

再配送率が高いと製造に問題があり、再配送率が低いと、製造は問題なく行われていることの目安になります。

再配送率0.26%とは?

再配送率0.26%とは、商品を1,000個製造したときに、もう一度作り直した時の割合が約3個以下であるということです。このことから、Printfulでの商品の製造は、かなり高品質な製造が行われているといえます。

再配送率0.26%は、同業他社と比べても、かなり低い再配送率です。

Printfulでの三段階の厳しい品質管理とは?

Printfulでは、三段階の厳しい品質管理を行っていることで再配送率0.26%を実現しています。デザインデータの確認では、印刷前にグラフィックの質を審査します。次に、印刷の確認では、完成した印刷のクオリティを確認します。最終確認では、印刷後に最終の商品チェックをします。

国内のみならず、越境ECにも対応するサポート力

Printfulでは、越境ECにも対応するサポート力を持っています。こちらで詳しく紹介します。

越境ECとは何か?

越境ECとは、多言語・多通貨対応の通販サイトを使った、グローバルな電子取引のことです。アメリカの通販サイトアマゾンのように、複数カ国に多言語・多通貨で、電子取引をすることです。

たとえると、日本で商品を作って、通販サイトを通してアメリカのドルや中国の元などで売ることです。越境ECは、別名「クロスボーダーEC」や「クロスボーダートレード」ともいいます。

越境ECをするメリットとは?

越境ECをするメリットは、5つあります。越境ECをすることで、自社の商品を世界中の人々に販売できたり、自社の商品の需要が高い国で販売ができたりします。

また、世界的に自社や自社の商品やサービスの認知度をあげられたり、グローバルマーケットを意識して商品開発ができたりします。世界的な通販サイトを使ったビジネスに進出も可能です。

Printfulの越境ECのサポート体制

Printfulでは、利用者が越境ECを成功できるように、さまざまなサポート体制を構築しています。Printfulの各製造拠点では、経験豊富なチームが製造を厳しく管理しています。そのため高品質な商品の製造をすることが可能です。

また、Printfulでは、毎月100万点以上の商品の製造を行っています。

どれだけ注文数が多くても対応することが可能です。Printfulの製造拠点は世界中に分散しています。各製造拠点のなかから、ユーザーにもっとも近い場所から商品をお届けします。そのため最短時間でのお届けが可能です。

まとめ

今回は、Printfulの特徴についてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、Printfulの特徴とは、オンデマンド製造を行っていることです。Printfulの利用者は、初期投資・在庫・ランニングコストなどのリスクを負う不安がなくなります。

そのため商品開発・マーケティング・販売促進活動に専念できることから、グローバルに大きくビジネスを伸ばすことが可能です。現在、商品の製造先でお悩みの方がいれば、ぜひPrintfulを利用してみることをおすすめします。

本記事がPrintfulの特徴について詳しく知りたい方に届けば幸いです。

Printfulの基本情報

会社名Printful
住所Raina bulvaris 25, Riga, Latvia LV-1050
っている方には
こちらの制作会社がおすすめ!
ノベルティドットコム(ノベルティ.com)
ノベルティ.comの画像1
ノベルティドットコム(ノベルティ.com)は、NADIX株式会社が運営するノベルティ販売webサイトです。NADIX株式会社は長年の経験と実績を持ち、高品質な制作技術と安定した生産ルートで、ノベルティ制作を依頼できます。
サービスの充実度や信頼度が高く、専門のコンシェルジュの丁寧な提案力では、他社では断られた制作にも対応できる可能性があります。

おすすめ関連記事

おすすめのノベルティ制作会社比較表

イメージ
サービス名ノベルティドットコム(ノベルティ.com)販促スタイルほしい!ノベルティ販促花子ギフトイット・ノベルティラクスル販促グッズドットコム
特徴コンシェルジュがいるので対応力がとても高い最短2日というスピード対応卸価格なのでとてもリーズナブル品質が100%保証されているので失敗がない長い歴史を持つ分かりやすいシステム大口注文もとても安い
製作可能アイテム記念品、タンブラー、エコバッグ、ポーチ、時計などエコバッグ、巾着、ペン、文具などタンブラー、エコバッグ、ステーショナリー、記念品などうちわ、クリアファイル、タオル、バッグなどボールペン、卓上カレンダー、マスク、クーラーバッグなどウェア・アパレル、トートバッグ、タオル、マグカップなどサーモスボトル、バッグ・トート、ビジネスグッズ、ハンカチ・タオルなど
名入れ
サンプル作成
納品日の指定記載なし記載なし記載なし××
支払い方法銀行振込、クレジットカードクレジットカード、NP掛け払い、前払い、締め支払い銀行振込銀行振込、クレジットカード、GMO掛払い銀行振込、郵便振替、代金引換請求書払い、クレジットカード、コンビニ支払い、銀行支払いクレジットカード、銀行振込、代金引換
会社情報NADIX株式会社
〒563-0043
池田市神田2丁目21番1号
株式会社トランス
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル9F
株式会社イディアス
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目8-1 三井吉祥寺ビル 4F
チャンスメーカー株式会社
〒919-0516
福井県坂井市坂井町福島8
株式会社ギフトイット
〒531-0071
大阪府大阪市北区中津1-17-26 中津グランドビル5F・6F
ラクスル株式会社
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
株式会社エスディーワン
〒604-8811
京都府京都市中京区壬生賀陽御所町3-1 京都幸ビル 4F
問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ